常磐線柏 占い おがわまり
My Natural Garden & Cafe
ニュース

高齢者の運転免許証の更新の手続きにおいて、新たに運転技能検査が導入されることになりました。

2022/05/13以降。75歳以上で、一定の違反広告がある方については、運転技能検査に合格しなければ、運転免許証の更新をうけることが、できなくなります。

運転技能検査は、免許の更新期間満了日の6ヶ月前から受験可能で、不合格の場合は、更新不可になります。

茉莉

車の運転ができなくなるということですね。

ボン


それは悲しいなあ~

ゆうちゃん

しかし、最近毎日のように、高齢者の暴走事故の報道をみていると、なんとかしないと、しょうがないよね?

運転技能検査の内容

出典警視庁

  • 指示速度による走行
  • 一時停止2回
  • 右折・左折、2回信号通過2回
  • 段差乗り上げ

100点満点の原点方法になります。一種免許は70点以上、二種免許の場合は80点以上が合格ラインになります。信号無視や、逆走をした場合は、一発不合格です。

しかし不合格の場合は何度でも受験可能

くり返し受験し、合格すれば認知機能検査へとすすみ、認知症ではないと判断されれば、免許を更新することができます。

更新期間満了までに合格できなかった場合、免許の更新はできません。しかし、検査は普通免許のものであるために、原付免許や小型特殊免許に、切り換える場合は、更新が可能です。

茉莉

こがたとくしゅめんきょって何?

ボン

農業用のトラクターなどらしいよ

ゆうちゃん

自転車でも、通行者にぶつかって、相手がなくなった事件もあるので、気をつけてね!

なお認知機能検査も変更になり、「てがかり再生」「時間の見当識」「時計描画」の三種類でしたが「時計描画」がなくなります。

医師の診断書を出した場合、認知機能検査は免除となる場合があります。

検査対象になる違反歴は11種類。

過去三年間に、11種類のどれか、ひとつでも違反している場合、運転技能検査の受講が義務となります。

茉莉

ちなみに・・これらの違反歴のある75歳のドライバーは死亡・重傷事故の割合が高くなるそうです。