常磐線柏 占い おがわまり
My Natural Garden & Cafe
おがわまりぶろぐ 2022

Googleアナリティクスからのアルゴリズムなのか~アクセス数の増減

blogがいいとすすめる人は良く「スキルが学べる」といいます。

確かに文章も始めたころよりも、見やすくわかりやすくなるでしょう。

登録、設定も上手くなります。しかしGoogleは英語説明なので・・わからないことも多いですね。

わからないこと~アクセス数の増減について

blogは優秀でGoogleアナリティクスという、解析ツールがついています。

まだ分析できますよと胸をはれませんが、観ていると面白いです。

Googleアナリティクスホームに入ると、アクセス数・リアルタイムでくるユーザー・どこの国・どこの市町村からくるのか

先月よりも成績がいいところがあれば、なんとほめてくれます💛

アクセス数の分析は

どういうルートでブログに行きついたか

  • オーガニックサーチ~検索から
  • ダイレクト~ブックマークから
  • ソーシャル~SMSから
  • リファラー~別サイトのリンクから
  • そのほか

になります。

時にはパソコンでみるかモバイルでみるかが、ひっくり返っていますいることもあります。

アクセス数が増加しているときは、そのままでよい

時にはアクセス数が不思議なほど、伸びていることがありますね。

まえのなくなってしまった、おがわまりブログでは「ある設計士の忌録」という漫画が面白かったのでブログにあげたら

急に伸びて、なんでかと言ったら「本当にあった怖い話」のテレビ版にこの話が採用されたタイミグでした。

伸びることはきゅうにアクセスが落ちるよりはおおくあります。良い記事をかけば、アクセスがのびます。

アクセスが減っているときは調べなければいけません

調べて対処しないと、もっと悪くなることもあるそうです。こわいね~

もともとGoogleのアルゴリズムというものもあり、たしか、おがわまりぶろぐ2022が復活したすぐ後の6月の初め?にもコアアップデートがあった気がします。

1000万稼いでいた人が一けたになったという!?話もきいたことがあります。

Googleアップデートはブロガーがどうこう出来ないのでしょうがないですね~

ブログのアクセス数が減ってしまう原因一つめ・・低品質なコンテンツの放置

そのこと自体がblog全体の足をひっぱっている。

  • 文字数が少なすぎる記事
  • 短い文章のQ&Aだけの記事
  • 日記のような記事

二つ目、内容が同じような重なる記事

キーワードを取得してキーワードごとに記事を書いている人が知らずにやってしまうこと。

おおきなキーワードが一緒ですが小さなキーワードも似ているもの・・書いている内容は重複になる。ので二つの記事で評価が低くなる。

Googleの傾向として同じような内容で、二つの記事を書くと、」ひとつしかひょうかされないということがある。

三つ目Googleポリシーとと反するものをメインのテーマにすること

扱ってはいけないコンテンツ

  • 広告・・医療
  • 危険なコンテンツ・・ 既製品
  • 不正行為・・ろこつな性描写をふくむコンテンツ
  • 中傷にあたるコンテンツ…テロリストのコンテンツ
  • 差別的なコンテンツ…暴力や残虐行為
  • 操作されたメディア・・・下品な言葉や罵倒語

四つ目検索意図と異なる記事を書いてはいけない

読者の求めていることを記事に書くと、検索上位に表示されやすい。・・わかりやすい図解を入れた方がいい。

検索意図をおさえれば、いい記事がかけます。

かなずしも、この四つの原因に当てはまらないとき・・原因の見つけ方

1.アクセスが減少している「場所」を見つける。…Googleアナリティクスを開く↓ホームをクリック↓行動↓サイトコンテンツ↓すべてのページ↑やまがたのデータのうえにでている「セグメント追加」を+をクリックします。➡新しいセグメントがでたら、右側の文字列から検索トラフィックにチェックをいれます。

検索からアクセスが減ってなければ、検索以外からへっているということになります。

2.blog内外の変化をしらべる。・・・このタイミングで、Googleのアルゴリズムが行われてないかをしらべます。Googleのアップデートでけんさくしてみる。それでなければ季節とかタイミングでアクセスがかわります。サーチコンソールでしらべられます。

前に書いた記事がアクセスが減っている。リダイレクトがうまくいっていない。