常磐線柏 占い おがわまり
My Natural Garden & Cafe
ニュース

鈴木京香さんの代役で、フジテレビ7月期「この素晴らしい世界」の主役に決まった、若村麻由美さん。

若村麻由美さんが主役に決まった顛末は??

若村麻由美さんは、2023年7月期のドラマ「この素晴らしき世界」で、体調不良で降板した鈴木京香さんの代役として主演を務めることになりました。若村さんは、1987年に放送されたNHK連続テレビ小説「はっさい先生」で女優デビューし、その後は数多くのドラマや映画に出演してきました。、その演技が高く評価されました。若村さんは、20年ぶりの地上波ドラマ主演となります。

若村さんは、代役に決まったことについて、「とても光栄です。鈴木京香さんの代役として、この素晴らしい作品を最後までやり遂げたいと思います」とコメントしています。


鈴木京香さん(54歳)は、予定されていたドラマ『この素晴らしき世界』(フジテレビ系)で主演の予定でした。彼女は一人二役という難役に挑戦し、物語の中で特別な役割を演じる予定でした。

しかし、予期せぬ事態が発生し、ドラマの制作は中止の危機に直面しました。制作チームは困難な状況に立たされましたが、最善の決断を下すために慎重に検討しています。

鈴木京香さんが演じるはずだった役は、偶然にも大物女優の代役として選ばれる平凡な主婦の役でした。彼女は普段の生活から一転して、ドラマの中で新たな人生を歩むことになる予定でした。

鈴木京香さんの体調不良

撮影初日の夜に京香さんが体調不良を訴え、2日後には降板が決定しました。現場は大混乱で、脚本の内容を変更し、代役を立てずに放送するということも考えられました。 

しかし、京香さんから『素晴らしい脚本を変えてしまうのは本当に申し訳ない。私のことは気にせず、代役を探してほしい』と希望があり、代役を立てて撮影することが決定したのです」(フジテレビ関係者) 

しかし、代役探しは大変でした。綱渡りのスケジュールのうえ、木村佳乃(47才)ら共演陣とのバランスにも配慮が必要だったためだ。 「京香さんと同じく50代をということで、調整が進められました。

稲森いずみさん(51才)や高島礼子さん(58才)、若村麻由美さんの名前がでて、奇跡的にスケジュールが調整できた若村さんが代役に決まったと聞いています」(前出・フジテレビ関係者)            

若村の地上波ドラマ主演は『夜桜お染』(フジテレビ系)以来、20年ぶりとなります。  

若村さんが女優をめざしたのは高校3年生のときでした。たまたま、仲代達矢(90才)が主宰する「無名塾」の公演を見たことがきっかけだった。

舞台に感銘を受けた若村さんは、そのまま『無名塾』の入塾試験に応募。130倍超の難関を突破して、演劇の道に飛び込んだのです。

まだ養成期間だった3年目の1987年に、NHK連続テレビ小説『はっさい先生』でドラマデビュー。その後は役の幅を広げ、女優としてのキャリアを着実に重ねていきました

年齢よりも若そうですが、、どんなひとなのでしょう?

若村麻由美さんは日本の女優であり、やぎ座で50代です。以下に彼女についての一般的な情報をまとめました。

  • 若村麻由美さんは、長いキャリアを持つベテラン女優であり、幅広いジャンルの作品に出演してきました。映画、テレビドラマ、舞台など、多様なメディアで活躍しています。
  • 彼女は幅広い役柄をこなす演技力と、個性的な魅力を持つことで知られています。時にはクールで知的な役柄、時には情熱的で強い印象の役柄を演じることもあります。
  • 若村麻由美さんの演技は評価が高く、数々の賞にも輝いています。彼女の熟練した演技は視聴者に強い印象を与え、作品に深みと魅力をもたらしています。
  • プライベートな面については、一般的な情報は限られています。彼女は個人的なことについてはあまり公に語らず、主に仕事に集中している姿勢を示しています。


若村麻由美さんは1967年1月3日生まれです。東京都練馬区出身で、トライストーン・エンタテイメント所属の女優です。1987年にNHK連続テレビ小説「はっさい先生」でデビューし、その後はドラマ、映画、舞台など幅広く活躍しています。エランドール賞やギャラクシー賞個人賞など、数々の賞を受賞しています。

この素晴らしき世界 – フジテレビ (fujitv.co.jp)←番組の紹介

ドラマに出てくる俳優さんたち

音楽担当は小田和正さんです。

透き通るような歌声と、リカとカンチのラブストーリーで一世を風靡した「東京ラブストーリー」柴門ふみさんのマンガでした。

1991年のドラマでした。もう、ずいぶん前になりましたね~