常磐線柏 占い おがわまり
My Natural Garden & Cafe
話題

響け情熱のムリダンガム!世界はリズムでできている~生きる希望を教えてくれる映画

太鼓の音は聞いているとテンションがあがっていきますよね。

日本にも昔から和太鼓がありますが、世界にもいろんなところで太鼓の文化があります。

その演奏は昔から儀式に使われていたともいわれ

音を聞いていると変性意識にになりインスピレーションをうけとれるともいいます。

インド伝統音楽の打楽器「ムリダンガム」

実際に南インドの古典音楽(カルナータカ音楽)の演奏者たちも、沢山出演しています。

2018年東京国際映画祭でも満席・大喝采をうけました。

その時のタイトルは「世界はリズムでできている」です。

ラージーブ・メナン監督 

音楽監督はスラムドック$ミリオネラでオスカーをとったA.R.ラフマーン

有名な「ムトウ踊るマハラジャ」では古典ベースにテクノをいれました。

なんとインド料理店が配給!!

荒川区のインド料理店なんどりが配給しました。

南インドのランチは体に優しい料理でした。いいね!

2022年春にクラウドファンディングで全国公開を待つ231人の支援をうけ、目標額をおおきくうわまった。

評判が高くても日本配給をみおくられていた映画が

秋についに劇場公開実現しました!

これは何回も見たい映画!生きる希望を感じる映画です。

ストーリィ

インドタミルナードゥ州都のチェンナイ。

インド伝統音楽で演奏されるムリダンガムの職人を父に持つピーターは、ビィジャイ推しの映画おたくの学生。

ピーター(G.V.プラカーシュ・クマール)

ところが父の作ったムリダンガムを巨匠バェンプ・アイヤルが演奏をするのを見て、感動し自分も演奏したいとつよくおもいました。

巨匠に弟子入りを懇願するが身分を理由にことわられてしまいます。

師匠 ネドムディ・ベーヌ

インドの身分制度・・カースト制度・・4個の社会的身分ののことをベルナとよぶ。

①バラモン・・神への祭祀をつかさどる。

②クシャトリア・・王や戦士

③ビィシャ・・商人や一部の教育を受けた人

④シュードラ・・農民や使用人

ダリット・・それらにも含まれない人・家畜や糞尿の仕事をする人

1950年にインド憲法17条では差別用語の禁止を明記されました。が、ダリットにたいしての差別や暴力は現代でもおこっています。

背景にはヒンズー教の「輪廻転生」の思想があります。ひくい階級の人は現世において前世に行った悪い行いを償い、耐えることで現世に課された課題であり、おわらせることで来世はより高い階級にいけるとする。

そのあとも一途に懇願し、やっと弟子になれることになりました。

昔からの伝統に厳格な師匠との関係はいいが、兄弟子たちのいやがらせや裏切りをうけて

警察沙汰になってしまい破門されてしまいます。

息子の未来を心配する両親は、職人ならば演奏することをのぞむなと、いいます。

絶望するピーターにサラはやさしく励ます。

サラ・アパルナー・バーナムラリ

彼女の言葉で彼はたちあがっていきます。

世界はリズムでできている~放浪の旅の末にピーターは本来の才能にみがきをかけていきます。

なんと!近場でまた、みれそうです