怖い話

怖い話・死者の記憶を持つ子供たち~実在したムービースター・ルシル・リクセン

エイミーの前世は実在したムービースター・ルシル・リクセンでした。これはAmazonプライムビデオに掲載されていた「死者の記憶を持つ子供たち」シーズン2エピソード1のムービースターの記憶を持つ子供のはなしでした。

 

ウィキペディアにありました。

ルシル・リクセン ルシル・リクセン

写真のルシル・リクセンは13歳というにはメイクのせいなのか、おとなびてみえますね。このホロスコープをみると、見えてくるものがありますね。太陽はしし座・月はうお座・水星がおとめ座・金星がしし座・火星がおとめ座・木星がてんびん座・土星がおうし座です。

人生について自分のしたいことは徹底的にする人。仕事の上司は悪縁。うお座の月はつねに怒りを抱え、それは仕事に対して半端ない努力のできる人なので、それに支えられています。しかし、時にそればかりでは楽しくないので、時々辞めたくなる時があったと思いますが、家のためにも働かなくてはいけなかったと思います。

頭のいい人でとことん努力するので、映画会社の無茶ぶりにも耐える性質をもっています。この人はチヤホヤされるが好きなので、そういう感じで母親と会社も接したのかもしれません。プライドが高いので、強引に仕事をさせたのとはちがうのでは・・?

この人は恋愛に浸りたい人なのですが、結婚も恋愛も良いので死ななければ、しあわせになれたかもしれません。これも運かもしれませんが、適切な堕胎手術をうけなかったための死がおそらく正しいのでしょう。あの当時のそういう手術は危険なものだったという話は、マリリン・モンローの話にもあり、晩年子供がとてもほしかったのに願いがかなわなかったということが載っていました(アンソニー・サマーズ、Goddess より)

彼女の母親は2週間前に亡くなり、ルシル・リクセンが息をひきとるときに「ママがいるわ」と言ったそうです。ママは自分が死んでも、ルシルのことが心配で上にあがることができなかったようですね。

ルシルの太陽のサビアンは「大洋の波から浮上した人魚が人間の形にうまれかわろうとしている」月のサビアンは「自分の書斎の静けさの中で創造的な個人が霊感に満ちた流れを体験する。」水星は「メリーとメリーの白い羊」です

太陽のサビアンの意味は、無意識の衝動を形あるものに表現していこうとすることに関係があり、創作活動ではたぐいまれなセンスを発揮するでしょう。曖昧なものを曖昧なままにしておくが許せず、はっきり形にしなければ気がすみません。

月のサビアンは豊富なアイデアで社会的な流行とかムーブメントにしてしまう企画力があるひとです。社会の風潮などあてにならない動きを操作することに楽しみを感じ、人々が驚くような思いつきを展開することができます。「ひらめきの流れ」

水星は野心が満たされ、社会的な面での欲望があらかた満たされた後には素朴で素直な人にかわっていきます。屈折も虚栄もない、そのままの生き方は人から見ても好感をもたれます。必要最低限で済ませる生き方も可能です。

この人は死ななければもっと大成したかもしれませんし、幸せになれたでしょう。エイミーのホロスコープはわからないですが、知らないと前世とおなじ生き方をする人が多いので、エイミーに「私のようにならないでと」いいたかったかもしれません。

ルシルの好きだったジャック・ピックフォードとは金星と火星がマッチングしています。これは「ひとめぼれ」みたいな本能的な好きという感覚です。命を落とした手術の相手は違う相手ですね。

https://manablog.org/

マナブさんのblogです。

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ