西洋占星術

西洋占星術・同じさそり座でも結構違うところ~眞子内親王・小室圭さん

眞子内親王の結婚が決まることになりました。小室圭さんの勉強が終わることになりそうで、結婚そのものは認めることとし、婚礼の儀式などは行わないようにして、一時金は辞退を検討しているといいます。

眞子内親王

眞子さんは結婚後、アメリカで仕事を求める小室圭さんについていくのでしょう。それについて、小室佳代さんの金銭問題が解決していないこと。二人の新婚生活は、政治問題に利用されるのではないか。警備の問題をどうするのかについてなど・・が報道されていますね。いろいろ考えつくことはあるのでしょうが、また別の角度ホロスコープでみてみましょう。

眞子様はけっこうネガティブに考える癖を持っていて、割と揺れ動いていたと思います。太陽のサビアンは、相手重視であり深い知識のために研究していく人。「哲学者の頭にある三つの知識のこぶ。この人物は存在のあらゆるレベルに対しても理解力を発揮する。知性に対してホリスティックな(系統立てた)アプローチ。

コンジャクションのさそり座の火星のサビアンは「巨大な岩場の海岸」海の荒波に対抗する巨岩の海岸、いろいろな現実が目の前に来ますよという感じです。2ハウスにあるさそり座の水星は「公的な大使館の舞踏会」支配階級のエリートを代表する人々の文化的交流の中でハイレベルな集団意識。そして2ハウスにあるさそり座の冥王星のサビアン「一人の女性が聖なる道への入り口を閉ざしていた二つのカーテンをひいてあける。」

日常的な意識と、特殊なトランスの意識を自由に切り替えて、必要な時に必要な状態に入る人になります。そんな精神をうまくコントロールする力を身につけられる人でしょう。自制心が強い人です。アメリカに行く眞子さまの暮らしぶりが、映画のシーンのようにうかんできます。真子様は決して不幸せではなさそうです。

12ハウスと4ハウスの頂点に2ハウスの頂点があります。この三つに集まる星が多いので、ここの星たちを呼んでいくとわかりやすいです。人によっては同じ方向を目指しているサビアンが集まっているので、運命の目的がでてきます。

12ハウスにある星はおとめ座の金星と木星です。金星のサビアンは「家系図」うしなわれそうな資産を保管するために、信頼できる家族的な人の輪を作り出すことになります。あるいはそれに参加することもあります。血縁のような閉鎖された関係の中で、特別な恩恵を与えたり受け取ったりすことでしょう。

木星8度は「最初のダンスの練習」自分の情感や生命力を活発化するために、他者や状況に依存することなく、一人で自発的にそれを盛り上げるコツをつかもうとします。舞踏などもそうした目的には効果的で、」芸事全般に良い発展があります。こうしたつながりから、結婚生活や晩年なども、経済的にも心も豊かになりそうでうす。遠く外国などで暮らしたほうが幸せでしょう。

次に小室圭さんはどうでしょうか?小室さんはてんびん座です

小室圭

太陽はてんびん座でサビアンは「荒廃した家の中で燃え盛る暖炉」いちど捨ててしまった希望でも改めて取り上げ、もう一度チャレンジします。何度挫折しても又取り組めばよいのですから、素直に自分の本当の夢を認めて戻ってきた人は強い再生力を手に入れます。

太陽の横にある水星は「男の理想が結晶にかわる」願望が形になっていく。他者と自分との間の意志の交流が閉じてないので、願望はそのまま周囲に伝えられ、すぐさま反応が生じてきます。悪意あるものも形になりやすいので、意志の持ち方に注意深くしましょう。

てんびん座20度にある火星は「ユダヤ人のラビ」逆境にあるときでも、日々の繰り返しの行為は心を強くします。誰一人賛同しなくても、自分の信念に従って行動することを毎日繰り返すことで、いつのまにか鉄の意志を持つようになります。集団に迎合しない人です。

かに座の月は「水の中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女」親しい人の心を理解するためにせいいっぱいの努力をします。相手に同化する力が強く繊細な心を持っています。しかし自分が感じたことを言葉にすることは、なかなかできません。人の相談に乗ると入り込みすぎます。

天王星は「手から餌をもらうアホウドリ」自分が属し、なじんでいる環境の限界を感じて、異なる文化や空間に生きている異質な人々と交流しようという勇気をもちます。また考えも分からない人に対して、積極的なアプローチを思い切ってする人です。

海王星「は花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り」少数の人で先端的に取り組んでいたことも、歴史のなかではいつも繰り返されてきたよくある行為であることを知りまた自分たちの考えと似たような思考をする人々が多数いたことを発見して、自分の行為に公認された普遍性を感じることでしょう。

木星は「白人の子供たちと遊ぶ黒人の子供」すべての人に共通の教育や思想を与えて、万人を平等にあつかうべきだと考えるでしょう。普及や教育や教育に関心のある人が多く、公平な人ですが、公平な姿勢の犠牲になって真の意味での、意志疎通ができない場合があります。

金星は「夜明け」自分の根本的な目的に従って世界を改革しようとします。しかしこれは人に働きかけることを通じて、自身の生き方を根底から変革しようとする行為であり、目的性の高い人生を歩んでいきます。

てんびん座の水星と太陽はコンジャクションになります。かに座の月とやぎ座の海王星と天王星のコンジャクションとでT字スクエアになります。結婚はこれに対して、緊張を緩和することになるので、吉です。火星の「ユダヤ人のラビ」は緩和するアスペクトがないので、家庭で怒ることはソフトにしたほうがいいです。やはりお二人は外国で住んだほうが、幸福度が高いようです。

どんなに頑固で壊れたアスペクトを持っていても、人生できたわれて、柔軟な考え方が出来るようになる人がいます。克服した後には自信と幸福感がでてくるでしょう。お幸せに!

https://manablog.org/

マナブさんのblogです。

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

お小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ