怖い話

怖い話・30人に憑依された女性の記録~下半身がない海軍軍人が守りたかった家族の未来

高村英さんの会う霊は、ほとんどが東日本大震災の津波に関係していた。震災まではコントロールができたのに、震災後コントロールできないようになっていた。圧倒的な数のせいで・・

「生を奪われて苦しんでいる霊たち」は私を発見して、「もしかして、あいつの身体の中に入ったら救われるかもしれないぞ」と、一斉に私に近づいてくるんです。つかんで助かるわけでもないのにつかんでしまう藁が私なんです。

死者は魂のままだと何もできないのですが、たまたま、こういう体質の私がはいってきて、うまく体の中に入り込んでチューニングを合わせれば声もだすこともできます。肉体を得ることもできます。みんな私の中に入ってきたがるんです。

あの時はとにかく人の声が凄かった。まるでスキャンダルを起こした芸能人が、大勢のマスコミに囲まれているように、私の後ろに津波で亡くなった人たちが長蛇の列を作って並んでいるのです。でも、それ以前に7,8人の霊が私の中にいました。その人たちを追い出さないと津波で死んだ人は、入ってこれなかったのですね。

今日は一日中「水島ー!」と頭の中で名前を呼ばれていた。名前を呼ぶ声を聞きながら、家族が運転していた車から降りようとしたら…突然自分の下半身がなくなり、そのまま頭から落ちそうになった。災厄をはらうお経を必死にとなえました。

しかし高村さんの頭の中を駆け巡る叫び声はいつまでも消えない。ちょうど車で自宅に帰ったとき、いきなり自分の下半身が亡くなったことに気がついた。「ええー下半身が亡くなったあ?」著者は驚いて声をあげた。高村さんは表情も変えずに言う・・

憑依には段階があって、ただ憑いているだけ。中に入ろうとしている。片足をつっこんでいる。すでに中に入っている。と段階があるのです。この霊はもともと、私の実家にいました。高校生の時でしたが、下半身の足だけが我が家にいたのです。戦争映画で見るような軍人の靴を履いていました。

不安でいっぱいだった。しかし不安は現実になった。息があがり、呼吸がくるしくなった。「苦しい・・なんで私がこんな目にあうのだろう」と思ったらまた涙がこぼれた。もう限界だと悟った彼女は通大寺に駆け込んだ。

この時の彼女の感覚では、下半身がなく喉から肺にかけてが燃えるように暑くて、内臓を引きずって、歩いていたという。彼女に憑依した男がそういう状態だったのである。軍服のようなものを着た男性で、25歳でした。

下半身がなく、血まみれになって内臓がとびだしているのです。口元からも血を吐き出しながら、大声で叫んでいました。「水島あああ~」・・・「すまない、水島!おれのせいで、貴様を死なしてしまった。」

帝国海軍の軍人で、広島県の呉軍港に停泊していた艦に乗っていたらしい。終戦の間際だったという。さらに「どうして、あなたたちは亡くなったのか?」とたずねると、彼女の視界に、暗い中で艦内作業をしている場面がみえた。男が思い浮かべた映像は高村さんも見えるのだという。

艦のあちこちから爆発音が聞こえてきた。格納庫に積んでいた火薬が誘爆したらしく、耳をつんざくような轟音とともに床が大きく揺れた。おそらくアメリカ軍による爆撃だろう。男は負傷したが、水島はそんな男を背負って逃げてくれた。しかし、さらなる爆撃で二人とも吹き飛ばされたという。そのせいで、男の霊は死しても自分が親友を死なせたと思い込んでいるのだ。

この時、水島さんの両足をふきとんでしまった。「彼には妻がいた、身重だと言っていっていたんだ~だから、俺をおいて逃げろと何度も言ったのに・・・すまない、俺のせいだ!俺のせいで水島は死んだんだ。」

その瞬間高村さんには兵隊と水島さんが楽しそうに過ごしている映像がみえた。田舎の水田が広がっている‥「あなたは死んでます。わかりますか?」金田住職のたずねる声が聞こえてくる。「わかります。」男がそう言い切ると、高村さんの目の前に、男たちが乗った艦船が爆撃を受けて燃え上がる映像が広がったという。

あちこちに死体が浮かんでいて、どの死体も火がついて燃えているんです。油のにおい。人が焼ける臭い・・怒声・悲鳴・・怖かった・・

金田住職は兵隊の背中を撫で・・実際は彼女の背中だが「誰も悪くない。誰のせいでもない。戦争が悪いんだ。平和な国を作るから・・・」というと、下半身のない兵隊は何度も何度も「約束してください」とすがるように言った。

金田住職の読経がはじまり、彼女は下半身のない兵隊を導くように、光のある方向にむかった。「光に近ずくと温かくて、下半身のない人も光の世界に近づくにつれて足ができ、自分の足で歩くんです。いや、歩くというより風に流されるように・・・

死者の告白・30人に憑依された女性の告白~奥野修司さん

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

お小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ