怖い話

怖い話・30人に憑依された女性の記録~交通事故で亡くなった男の子の霊

気がついた時にはヤクザの霊は高村さんの身体から消えていたという。いなくなったと思ったら、17歳の高校生と夜の仕事をしている女性、赤ちゃん、猫までつぎつぎとあらわれた。

猫の話は著者のあたまのなかでは、混乱した。でも犬や猫でも感情があるのだから、人間とおなじように憑依しても不思議でも無いのかもしれない…夜の仕事をしていた女性はドラッグを買うお金欲しさに身体を売るようになり、それも行き詰って自殺した霊だった。

10歳の女の子の霊で「大好きだったお父さんのところに行きたい」というので「お父さんのところにいけるようにお経をあげるからね」というと、納得した。この女の子と入れ替わるように現れたのは、17歳の男の子だった。

「この子は部活の朝練に行く途中で、車にはねられて死んだのです」「その高校生が自分の中に入ってきたときはわかったのですか?」「ヤクザとか若い女の子も、この高校生も震災の前から入っていたと思うのですが、私がコントロールできていたので意識してなかったのでしょう。」

「おにぎりが食べたい!」

通大寺の男の子は正座して住職さんと向き合っていました。高村瑛さんは体をとられていたのでみていたのですが・・・長い沈黙の後、男の子がこういったのです。「自分はいいんです。家族も供養してくれますし、自分の死にも納得しています。ただ・・」

男の子の言葉を待つのももどかしく、住職さんが「なんだ?」とたずねました。

私はそれを聞きながら、この子はよっぽど強い心残りがあるんだ。私の身体に入ったのは、そんな心残りをこの世に残しておきたくなかったんだな・・と想像していました。すると男の子は、嗚咽をもらいながらこう言ったのです。

「おにぎりが食べたい!」「え!おにぎり!?」と住職さんも驚き、わたしも「なんで、おにぎりなの?」と叫びそうになりました。「お母さんの握ったおにぎりがいい・・」住職さんの奥さんが台所に走り、大きなおにぎりを2個もってきました。

高校生の男の子は、一口ずつ味わうようにおにぎりを食べた。高村瑛さんは「そのおにぎりの、まあおいしかったこと。この味を超える、おにぎりは一生ないかも…本当においしかったのです。」と話す・・・著者はまた混乱してきた。

「私も不思議なんです。確かに私が食べているのですが、その男の子に身体を貸しているので、その時は男の子がおにぎりを食べている映像だけなのです。ところが、その子が私の身体から出て行って、わたしが自分の身体に戻ったときに「なんておいしいおにぎりなんだろう」と初めて美味しかったことを感じました。」

お母さんが作ったおにぎりの思い出

「朝の部活に行くときに、事故で亡くなったと言っていたな」と住職さんがしんみりと尋ねると、男の子は泣きながら「うん」とうなずきました。「そうだよな、母ちゃんが握ってくれて、まだ暖かかったんだよなあ」というと高校生は、うなずいています。

住職さんと奥さんはボロボロ泣いていたそうです。彼が言うには、お昼の弁当とは別に、部活が終わった後で食べるようにと、仕事があるにも関わらず毎日早起きして、お弁当とおにぎりを作ってくれていたんだそうです。

でも事故で亡くなってしまったから、そのおにぎりが食べられなかったことが、ずっと心残りだったんだと…そう言って、泣きながらおにぎりを食べていました。おにぎりを食べ終わると、金田住職は男の子の名前を呼び、お経を呼んでいいのか?もう行けるか?とたずねた・・高校生は「うん」としっかりと答えると「ありがとうございました」と、住職さんと奥さんにむかって、深々と頭を下げたという。

そのあとは太鼓をたたく音が聞こえ、それに合わせて度胸が響く中、死者の霊を光の世界に導くという儀式になった。「光をめざしなさい」というと、霊は光に向かって進んでいき、闇の世界から光の輪をくぐって光の世界に溶け込むのだという。

これはチベットの死者の書にもあるそうで、仏教でいうところの成仏をしめすのだろう。そうして3人と1匹が一緒に出ていきました。諸仏光明真言灌頂陀羅尼(しょぶつこうみょうしんごんかんじょうだらに)を唱える声が、本堂に満ちていく・・・

高村英さんは霊がみえたり、身体に入られたりと、そんな特異な体質を「病気?」と揺れ動いていました。そんなときに「おにぎりの高校生」にあって、私は病気じゃないんだ、本当のことなんだという思いが強くなりました。

もしそうなら、同じような霊現象で困っている人たちに手を差し伸べられないか、彼女はそう考えるようになったという、、でも、これはまだ始まりだった。

死者の告白・30人に憑依された女性の告白~奥野修司さん

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ