西洋占星術

西洋占星術・小室佳代さん~カイトが2個ある・ホロスコープ

週刊文春womanに小室圭さんのお母さん・小室佳代さんの告白が掲載されたそうです。3年間も沈黙をしていたそうですが、なにかと波紋をよびそうですね・・・

皇族の結婚相手の母親が、様々な疑問や疑惑にさらされることはなかったのだが、「誤った話がひろまるのは、本当に心苦しい・・」「死んでしまいたいと思う時がある・・・」またまた、波紋を呼びそうな「発言」ですね。

この小室佳代さんのホロスコープ・複合アスペクトの「カイト」が二つあるのです。

小室佳代

小室佳代さんは1966年・8・27生まれです。太陽はおとめ座・月はやぎ座・水星がしし座・金星がしし座・火星がしし座・木星がかに座・土星がうお座です・太陽がおとめ座の初期にあり、ノーアスペクトです。おとめ座は細かいところに気がつく。合理的で分析して考える地の柔軟星座です。頭がいいのですが、細かく考えているうちに、人生をどういきていけばよいのか、わからなくなることはありそうです。

やぎ座の月はよいアスペクトに囲まれていますが、放浪の座(デトリメント)のあるので、これもまた、何かと迷うでしょう。水星しし座は、本人はそんなつもりはないのですが、上から目線の発言が多いです。話は楽しいですが誇張して喋るかもですね。しかし、どちらかというと自分の考えを大げさに表現するこもしれません。

金星はしし座、この方は結婚しても恋愛気分でいたい人です。恋愛相手に甘やかしてほしい人ですし、自分から告白するよりも相手から、グイグイ来てほしい人ですね。それがなければ、お子さんが心のよりどころになる人です。表現は悪かろうと、息子さんのことが1番なのでしょう。

しし座が水星・金星・火星と続きますが、この星座を太陽・月をふくめてマジョリティーで持っていると、頑固すぎて柔軟性がなく、生きずらい性格になります。プライドが高いために素直になれない。何でも言わずにいられないとか。自己顕示欲が高い。みえっぱりになるとかです。

カイトの2個は・・・

1個目はおうし座のドラゴンヘッド・おとめ座の冥王星と天王星のコンジャクション・月のやぎ座です。地の星座なら地の星座同士のクランドトラインにドラゴンヘッドと海王星さそり座のオポジションです。ドラゴンヘッドをいれてみるかは、人によって違うかもしれません。

カイト(Kite)を日本語にすると、凧(たこ)ですね。形が三角凧ににてます。グランドトラインという形の上にセクスタイルがのりますので、これは目的に向かった協力関係なので、幸運を後押しするという感じでしょうか。

2個目はかに座の木星を頂点にもつカイトですですね。これは高揚の座(イグザルト)なので、目的はけして悪くないのですが、将来の豊かさのためにアクティブに動くという感じになります。自分は金運はないのですが・・・それと、もう一つあまり喋らないほうが、運命がもっといい風に行きそうですよ。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ