怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~霊感パワー開発トレーニング・PKその2

清田益章さんのPKトレーニングの続きです。

頭の中に曲がったとき、ねじれた時のスプーンの状態を、イメージするようにしてやると、もっと楽にできます。このころになるとスプーンだけではなく、ほかの金属で文字を作ることもできるようになるはずです。

太めの針金や、模型飛行機用のニューム管などを用意し、書きたい文字を頭にうかべ、思う文字になるように念じて、まっすぐな針金を空中に投げ上げると地面に落ちた時その針金が、一筆書きの文字になっている・・とか

ボールペンを白い紙でくるくる巻き空中に曲げると・・落ちてきた紙に文字がかけているとか、折れたスプーンの首が消えてしまうとか・・色々な現象がおこり・・できるはずです。

念写トレニーング

念写はもともと日本で発見されたものです。明治43年東大の福来友吉教授が超能力者・長尾夫人を実験中に空前発見したものです。

その後1974年6月17日・つのだじろうの実験で、清田益章が成功したのが新しい例です。

念写は本来フィルムじたいに念の力で感光させるものですから、カメラは必要ないのです。でも初歩のトレーニングではカメラがあったほうが、イメージしやすく、やりやすいのです。

カメラは一般のカメラでもよいのですが、できればポラロイドカメラのほうがよいそうです。その場ですぐ写真ができるので、念写が成功したかどうか、すぐ確認できることと現像・焼き付けの段階での細工ができないので、真実を証明しやすいからです。

念写のやり方と言うのは、どうしなければいけないというような規則はありません。メタル・ベンディングとおなじ要領で、写真はレンズがなければ写らないという概念を捨てて・・念写はできるんだ!と信じ

ほかの超能力トレーニングと同じく、自分をリラックスさせ・・精神集中のできやすい環境におくのです。現在僕はポラロイドカメラの中の電池をぬきシャッターをロックし、ガムテープで固定し

物理的に写真が写らないようにしておいて、カメラのレンズをひたいにむけて…波動がくるのをまち「写れと」強く念じてうつしています。

清田益章さんの場合は京王プラダとか、貿易センタービル・自由の女神など、得意な風景がいろいろあり、それが頭の中に本のようになっていて、念写をやろうとすると風景のイメージがパラパラとページをめくるように頭の中にあらわれて、うつしたい風景がでた瞬間に「写れ!」と念じると、その風景がフィルムに写るのです。

本来は写したいターゲットの写真をおき、念写したほうがやりやすいのですが・・公開実験などの場合、インチキなどといわれないために、僕の場合は写真をつかわないのです。

ですから初心者がトレーニングするためには、いつも使っているものとか非常に印象の強い写真などを目の前におき、それをジッとみつめて頭にシッカリ、イメージをおいて…目を閉じます。すると残像がでます!

透視のイメージとおなじ要領で、そのイメージを思い出そうとすると、頭の中にイメージがでてきますから、そのとき念をいれるのです。許田さんのばあい、念写に成功したときは確かにうつったという手ごたえがあります。

これは非常に説明しにくい感覚なのですが・・カメラから跳ね返ってくる精神的な圧迫感・・というか、何か引っかかるような感じがするのです。

それから初心者のうちは、シャッターを使ったほうが入りやすいと思います。ポラロイドカメラのレンズ部分を、キャップか黒い紙で完全におおいテープなどで固定します。

光量をはかるエレクトニックアイ部分はふさがずに、カメラを額に向けターゲットを頭にシッカリイメージして、写るという感じが来たら、写れ!!と念じると同時にシャッターを押すのです。

ポラロイドカメラにはシャッターを押すことで自動的にフィルムの出る機種もありますので、結果がその場ですぐにわかりますが、はじめは失敗も多く、ポラロイドカメラのフィルムも高いですから、自信がつくまでは一般のカメラでやるのも一つの方法だと思います。

かならず風景が写るとは限りません。たんに光線がうつるだけでも念写は成功したと思ってください。イメージにおく風景などは自分が強い印象を持っているもののほうがでやすいです。

僕の場合はつのだ先生の事務所がおおく、近くに京王プラザホテルがあり、ほかの物を写そうとしているのに京王プラザばかり出てしまう時期もありました。その時失敗していらだち「くそ!」と言うと「トイレ」が写ってしまうことも、あったようです。

火星の表面やUFOを念写したこともあったそうです。

ここまで読まれるとおわかりでしょう。超能力はどの能力にも非常に深い関連と共通点があることが・・!どのトレーニングをするにも既成概念を捨てて、白紙の心でリラックスし精神集中するのが基本だということです。

超能力の存在をしんじ、自分でも出来るという信念を持つこと!そして繰り返しトレーニングを続けることで自信がつき、飛躍的にのびるということです。

あなたも頑張ってください

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ