怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~霊感パワー開発トレーニング・清田益章さん・PK

PKトレーニングの方法を教えてくれるのは清田益章さんです。メタルペイディング(金属曲げ)

これはPKによって金属を変形させる力です。ですから別に曲げるものはスプーンである必要はないのです。それはどこの家庭でも簡単に用意できる金属がスプーンやフォークだというだけの理由です。

またスプーンを曲げて何の役に立つのかという質問をよく受けますが、スプーンを曲げるのが目的なのではなく、人間はPKによって金属を変形させる力があるのだ。という証明のためにやるのです。

人間は超能力などない・・という古い科学の過ちをただすことが、どれほど未来科学の進歩に役立ち、社会のプラスになるか…僕はそのための実験台になることを覚悟で、科学実験にも協力しているのだということを、まずはわかっておいてほしいのです。

超能力は僕たちだけでなく、皆さんにもあるのだということが実証され、大勢の超能力者が出てくればそれだけ科学の進歩が速くなる。早くそういう時代が来ることを願って、皆さんにトレーニング法を公開します。

まずスプーンかフォークを用意してください。そしてリラックスし、まず心を無にします。いくら無念無想といっても、これが一番むつかしい・・・

第一人間はスプーンは金属だ。金属は硬いものだ。だから力も入れずに曲がるはずがない。そういう既成概念があります。心を無にと言っても‥頭のすみでは曲がらないとかんがえている。

その考えがあるうちはまず曲がりません。小さい子や若い人たちのほうが超能力がでやすく、歳をとった人のほうができないのは、頭が固くこの既成観念がこびりついてしまっているからなのです。子供は素直で柔軟性が高いからできやすいのです。

実験ではいくら金属が曲がるはずがない…と言っても現実にごらんのとおり、単に曲がるのではなく現実の通りねじれているのです。これをねじることは人間の力では、不可能と言うことも科学ですでに証明されているのです。

スプーンは絶対に曲がるんだと信じてください。

心を無にするのは静かな場所で精神を統一できればいいのですが、現在都会で全く静かな場所などあるはずがありません。夜は・・といっても家族の足音や、時計の音など、かならず何かが聞こえます。

そうすると無性にそれが気になります。だから僕の場合、逆手をつかったのです。僕は音楽が好きで自分で大学のロックバンドに入っているほどです。

だから周囲の音を打ち消すためロックの音楽をガンガンかけ、その音の中に浸りこんだのです。自分の好きな音楽にのめりこむのは誰でもできるでしょう。

その時誰かに話しかけられたとすると、声は耳に聞こえているはずなのですが、意識は音楽にいってしまっていると気づかない・・気にならないでしょう。TVに熱中しているときなども、人の声が聞こえないことがよくあるはずです。

まずそういう状態に自分を置く、その中で意識を集中するようになる。その中でスプーンに意識を集中するようにする。つまりスプーンに熱中して音楽は耳に聞こえているのだが気にならない・・そういう状態を作るのです。

これは周囲の雑音から自分を切り離し、一つのものに集中するという一つのものに集中する…という方法のひとつで、こんなことをしなくてもスプーンに集中できればそれでよいのです。

そしてこのスプーンは柔らかいのだ…と思う。または自分の指と同じなんだ。指は曲げようと思えば自由に曲がるんだと…思うのです。またスプーンは話しかければ意思が伝わるのだと思い・・スプーンを指でさすりながら人間に話しかけるように

「柔らかくなる・・もっと柔らかくなる・・曲がれ・・曲がってくれ・・と念じ続けるのです。するとある瞬間、指にビリビリと電気が走るように感じたり指先が熱く感じたり・・アッ!今スプーンがやわらかくなった!または今なら曲がる!・・と強く感じるときがあります。

その瞬間、スプーンは曲がるのです!もちろん、まったく力を加えなくてもねじれたり、折れたりするのですが・・初心者のうちは、その瞬間補助的に少し自分の力をくわえてやるのです。

そうすると普通の力の何分の一かの力でクニャリと曲がります。普通なら曲がるはずのない、弱い力を入れたら曲がった、それを自分で体験することが必要です。そうすると確かに曲がるんだと確信でき自信がつきます。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

お小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ