怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~霊感パワー開発トレーニング・透視能力トレーニング

透視能力については、つのだじろうさんが当時日本で有数とみとめていた山下裕人さんが教えてくれるトレニーング方法です。

われわれ超能力者は、相手の人に超能力があるかどうか会えばわかるのです。相手がやはり同じ種類の波動を出しているのを、キャッチできるからです。

これは山下さんがすでに精神感応力が身についているためです。

まず最初に大切なのはじぶんをリラックスさせ精神集中をすることです。リラックスの仕方は人それぞれ個人差があるので、自分にしっくりくる方法を見つけると良いと思います。

この後にでてくるPK能力者は清田益章さんは、自分のいちばん好きなロックの音楽を聴き精神集中をしていますし、山下さんの場合は、お風呂に入ってのんびりしたとき・・とか。香を焚き、音を聞いたりしていると、一番リラックスできるそうです。

リラックスしたうえで一つのイメージを描き、それに精神を集中するのです。なんでも、一つの対象物をきめ、それを心に思い浮かべる・・

・・・はじめはこれが、なかなか難しい。猫のことを考えたつもりでも、1~2分すると、まるで別のことが頭にうかんでしまうものです。

だから自分の好きなものを思い浮かべ、5分くらい対象だけをイメージにおけるようにする。それが出来るようになって初めてトレニーングに入るのですが、山下さんの体験からイメージのトレーニングを10段階に分けてみたのです。

第1段階・・色を感じる

リラックスした状態でまず「色」を思い浮かべてください。何色も好きな色でよいのです。もし、あかちゃんが「紫色」をみたら「紫色」と思わずに、色そのものを感じるはずです。

ただ色だけをイメージする・・・まずジッと紫色を見て・・そして目をつむる。するとまず残像が出て消える。・・・その時思いだそうだとか、紫だとか考えないようにして、その色じたいを頭の中に吸収してしまうのです。

そしてその色が頭にでるように・・出ろ 出ろ と念じていると・・残像が消えて1分くらいで・・その色が目の前に、広がってくるのです。・・それを繰り返し、「赤」「青」などいろいろな色をやる・・そうしていると、しだいに色がはっきり出てきます。

そのトレニーングを毎日30分ずつ1ヵ月やったそうです。疲れはぜんぜんないそうです。リラックスしているとき、やりたい時にするだけですから。

第2段階・・・形を感じる

色を感じるようになったら、次は「形」です。〇とか□とか図形を見て…それも色の時と同じように、マルとか四角とか言葉で思わないで、言葉を知らない赤ちゃんが〇を見て目に映った状態。

それから目をつぶり・・・残像が出て消える。その後に図形が浮かび上がってくる。

色の場合と全く同じです。…しかし色のトレーニングができていると、こちらは1日、5分か10分でできるようになります。

色や形をイメージに置く場合・・・ESPカードを見つめてやると、あとで本格的な透視に入った場合も、カードの的中率は高くなるはずです。

これができるころにはカラーの夢をみる機会が多くなります。

この第1段階・第2段階はいわば基礎トレーニング・・・自分のイメージを豊かにする訓練と言ってもよいのです。だから人と話をしてる場合でも単に話しているのではなく、この人の性格は何色だとか…言葉の色などをイメージするように心がけるのです。

これをやると単に「透視」のトレーニングだけではなく、つねに自分をリラックスさせ、イメージを広げる努力をしているわけですから、ものごとを多面的に見ることができるようになるので、日常生活や対人関係をよくするためにも大いに役立つのです。

第一段階・第2段階がしっかり身につかないうちは・・第3段階に移行に入っても効果があがりませんから、あせらず続けてみてください。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

お小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ