怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~霊感パワー開発トレーニング・困った問題

さて…霊感・超能力に関してついてまわる困った問題もあるのです。特に霊感についてです。これは大切な問題ですから、よく知っておいてください。

霊感が開発されてくると・・・その波動に感応する霊が見え、霊の声が聞こえるようになる。近づいてくるのが守護霊や指導霊など、味方の霊ばかりならいいのですが、あまり近づいてほしくない霊も勝手に感応しくるわけです。

いろいろな霊がよってきて・・・いろいろなことをいいます。あなたが修行不足だとこれらの霊におびえたり、怖がったり、ふりまわされたり霊障をおってしまう危険性もあるのです。、たくさん出版

この種の霊障の怖さを紹介している本は、たくさん出版されていますが、霊障をはねのけ自力で解決する方法は、一般には今まで示されておらず・・・けっきょく霊能者に除霊してもらう以外、方法がなかったのです!

心霊研究者があたまを悩ませているのが、霊障をうけている人々の後始末なのですが、これから紹介するのはそういう霊障を自力ではねのける、護身に必要な大切な条件なのです。

さて自分は健康で自信があり、背骨もまっすぐで基礎トレーニングは必要ないと思っている人も・・・自分の胸囲をはかってみてください。

「まずはこれ以上、吸えない限界まで息を吸いこみ・・その状態の胸囲をはかる。」つぎに「全部吐きだし、完全にはききった状態ではかります。」・・成人女性はアンダーバストではかります。計ってみた差が何センチありましたか?

吸った状態・吐いた状態の胸囲の差が、最低9センチから12センチあったでしょうか?子供のばあいは5センチ以上でよいです。

胸囲の差9から12センチ!実はこれが霊障をはねのけるために、絶対必要で大切な条件なのです。これは体格・胸郭・肺活量の大きさとはかんけいありません。

12センチあれば理想にちかく、霊感・超能力も早く開発されるし、霊障もはねのけれれるのです。なぜなのか‥という疑問はかんがえず、そういうことなのだと思ってください。

この当時、つのだじろうさんと活動した日本有数の優れた霊能者、船越富起子先生が実体験をかさねた結果、開発された結果ですから安心して信じてもらって大丈夫だそうです。

胸囲の差が12センチ以上あった方は、すぐトレーニングにはいっていいでしょう。しかし、足りなかった人は超能力トレニーングよりも、まず呼吸法に重点をおいて、まえに紹介した、超能力開発体操をつづけてほしいいのです。

霊障をあまくみてはいけません。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ