怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~霊感パワー開発トレーニング・その3

身体のかなめは「腰椎」とそれにつながり姿勢を保っている「脊柱」です。背骨は神経の束が通っている幹線道路。それがずれたり、ゆがんだりしていたら、超能力が上手く発揮できないのです。

この条件を満たしている健康な人はいいのですが、自分は健康面はどこかおかしいなと感じる人は、超能力トレーニングに入る前に、肉体面の基本調整が必要なのです。

それは5分くらいの簡単な調整法です。今からつたえるものは「背骨をただす基本になる3動作の反復と、呼吸を整える1動作・・・たった、それだけで健康が約束されるという「真向法体操」に超能力開発の基本に必要なヨガの「プラナヤーマ練丹呼吸法」をミックスした「つのだ式インスタント超能力開発体操といったものです。

第1動作

1.胡坐をかくようにしますが、足は組まないで足のかかととかかとをくっつけて座ります。そのとき、膝が床につくのが理想的ですが始めは無理ですので、次第につくように努力します。

腰骨を前方に突き出します。背骨がまがってはいけません。目は閉じても半眼でも、意識は正面をみつめます。

2.次にへその下(丹田)に空気をためるつもりで、鼻からゆっくり息を吸います。つまり、腹式呼吸です。これ以上吸えない限界で、息を止め息を止めたままで、腹筋をしぼり肛門をギュッとしめ、腹の中にひっぱりあげてください。

腹をふくらませ腹いっぱいに空気を吸っているという感じで、丹田に意識を集中させるようにしてください。息を止めたまま数秒…丹田に意識を集中するトレーニングが超能力を引き出すのです。

3・次に体内の汚いものをすべて腹の底から外へ、しぼりだすつもりで上体を前に倒しながら、ゆっくり息を吐き切る。吐き切ってもやめず、残りの空気を完全に絞り出してください。目は正面をみているつもりで…腰椎をまっすぐ、意識を丹田に・・この二つを忘れないように。

この呼吸運動は完全にやると1動作20~25秒かかります。吐く息・吸う息・止める息の時間は同じほうが良いのです。うんと息を吸おうと力むと余分な筋肉に力が入り、かえって吸えないものです。

この動作を7回くりかえして、第一動作を終わります。女性の場合、意識を集める位置は、へその下ではなくへその奥とかんがえてください。

第2動作

第2動作も第3動作も足の位置が違うだけで、腰椎・呼吸法はすべて同じです。

1.足を前に出し、つま先を手前に引き付ける。手は自然に前に伸ばす。アキレス腱を強くします。はじめは足が床につかず浮きやすいです。

第3動作

第2動作で、そろえていた足を、いっぱい横に開く。足の内側の筋をきたえるのです。はじめは足は90度くらいしか開かないかもしれませんが、一日1センチずつでも開くように努力してください。

各動作7回ずつ繰り返してください。このあと、呼吸調整を1回やるだけです。

呼吸を整える動作

1.まず、足をお尻の幅だけ開いて、その間に座るいわゆるペタンと座った「おばあさんすわり」です。お尻のつかない人は、はじめ座布団を使ってもよいです。

2.そのまま後ろに倒れるのですが、バタンとやると危険ですから、後ろに手をつきながら、静かに後ろに倒れてください。はじめは膝が浮きますが努力してください。

3.倒れたまま30秒から1分ほど全身の力を抜いて、呼吸をととのえます。これは反復せずに1回だけで良いのです。折った膝を静かに伸ばして終わりです。

以上実際にやるとぜんぶで5分弱かかるのですが、時間のないときは各動作1屈伸ずつ・・たった1分で良いから、毎日続けてほしいのです。

大事なのは続けることです。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ