怖い話

怖い話・漫画家・つのだじろうさん~摩訶不思議な、輪廻転生

あなたも誰かの生まれ変わりなのかもしれない。

輪廻転生というのは、人間は死んで生まれ、また死んでは生まれ、何代も何代も生まれ変わってくるということです。鎌倉時代に死んだ人が、それが江戸時代に誰かの子として生まれ変わり、何年かのちに死んで、また現在に生まれ変わってくる。

つまり、あなたも世界中の誰もがその昔生きていた人のうまれかわりで、今の「生」が尽きたとしても、いつか未来にまた生まれてくる可能性があるのです。

可能性があるという言い方をしたのは、なぜかというと、そうでない人も中にはいるから・・・人間が生まれるということは、いつか死を迎えるまで自分の霊魂を高め、魂の完成を目指さなければならない宿命を背負っているということ。

しかし人間は自分勝手でわがままな生き方をしてしまう。そうすると死んでから霊界に行ったとき、「あなたは修行が足りない。もう一度人間界に行って修行をし直してきなさい!」ということになって、ふたたび人間界に戻される。それが「輪廻転生」なのです。

つまり生前努力をして霊魂をすばらしく高めた人は即「霊界入り合格」なのですが、大半の人は「霊界のおちこぼれ」で修行をし直すために人間界に戻ってきたというわけ。

霊能の力のない普通の人間は、自分が誰の生まれ変わりか知らないけれど、霊能者の中には自分が誰の生まれ変わりか知ってる人もいます。歌手で霊能者である美輪明宏さんが、自分は「島原の乱で死んだ天草四郎時貞の生まれ変わりだ」と言ってる話は有名です。

アメリカの著名な透視霊能者、エドガー・ケイシーは何百もの輪廻転生を調べた実例を発表しています。その中にはアイルランド人を父とし、ギリシャ人を母とし、放浪のすえに日本にたどりつき、日本人を妻とし「小泉八雲として、有名な怪談ををかいた」作家・ラフカディオ・ハーンの前世は日本人であったと書かれています。

だから彼は外国人でありながら日本を非常に愛し、異常なほど日本語を翻訳する能力があったということです。

母親の胎内以前の記憶をたどれば・・・

催眠術の中には「年齢遡行」と言って催眠状態の中で、その人の年齢を若くさかのぼらせることができる方法があります。その方法を使えば40歳の人に今、自分は20歳だと思わせることができるし、じょじょに高校生、中学生、小学生、幼稚園・・3歳・・1歳と思わせることもかのうなのです。

そしてその年代にあった出来事をまったく忘れていたことまで、はっきり思い出させることが可能なのです。しかし話口調まで、その当時のままに戻ってしまうのです。

さらにお母さんの胎内にいた時・・そのずっと前まで、時間を遡らせていき…生れる前、あなたは何をしていたのですかと問いかけると、するとその人が前世に、どこの国のどんな街のなんという名前の人間だったのか、職業や家庭環境、または死んだときの状況まで、その記憶を引き出すことができる場合があるのです。

https://manablog.org/

師匠のblogです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのblogです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

お小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ