西洋占星術

常磐線柏・占い小川茉莉・三浦春馬さんに思うこと

三浦春馬さんのお亡くなりになったニュースは衝撃だったようです。仕事もあって、気配りのできる優しい人でという、周りの人たちの印象でした。

占いでわかることをみていきましょう。周りの人の印象ですが、知性を表す水星が金星・木星で、小三角形をつくり、考え方、ひとあたりは確かによい印象だったと思います。

もともと、根源にある性格が、牡羊座としし座の組み合わせなので、火の星座・のりや勢いで行動するがあります。それに加え、三浦春馬さんは、強いくせがあって、それは火星みずがめ座と冥王星蠍座としし座月のT字スクエアを持っています。これは、とても強く、しかもコントロールするのが難しかったと思います。

この方はとても真面目で努力を半端なくするかたですが、この土星の上に、冥王星という生涯であまり回ってこない徹底的な変化を起こす星がきています。そしてほかの星との組み合わせも、あまりない配置になります。

自分の努力ではどうにもならない、強いストレスを感じていたと思われます。そして、もともと持っている衝動的な性質が後押ししたと思います。

この方は人に頼るかたではないし、泣き言をいう感じでもないので、今更なんですが母親と一緒に暮らしていたら、防げたかもしれません。お母様がいたら、気づいてくれて、ストレスを和らげて、くれたと思います。

そして生きのびていれば、晩年は幸せになれたでしょう。

占いをしていて思うのですが、こういう強い癖をもつかたは、いらっしゃるのですが生きづらいのではないかと、思います。それは、どんなに仲良くしていても、人の気持ちはわかりずらいからです。表情をみただけでは、はかれないという研究結果もあるようです。

ものごとの現象に良い悪いはない。それを感じる心がきめているともいえます。そうでもないのに、悪いほうに考えてしまう。心の中から湧き上がってくる思いが強いために、そうで違いないと思ってしまう。

こういう強い癖ってなに?と思いますよね?説明がつかないですよね。持って生まれたものとしか、いいようがないですよね?これは運命なんでしょうね、、、

前世の因縁、カルマなのかもしれません。証明のしようがないので、わかりません。この世の課題をのりこえられなかったのかもしれないです。

いろんな人の話では「自殺」というのは一番してはいけないことといいます。昔から天国と地獄があってと言われますが、最近では自分の死ぬときの想念が行く場所をきめるようです。

気持ち、心が決めるとは?

死にたいと思う時、人間はどんな時でしょう。心の中は一番辛い気持ちですよね?その状態のまま、生命を断ち切ったら、そのままつらい気持ちを持って死にます。この世にいれば、朝になって太陽がのぼる。友達と会うこともできる。

気晴らしができるのです。死んだら想念だけが残るので、心は凍ったままです。それを地獄というのではないかと、思うのです。自分で悟るまで、、、

彼に心の中で話かけてあげてくださいね。

お疲れ様。ありがとう。ゆっくり休んでくださいね

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けています。お問い合わせもお気軽にどうぞ






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA