西洋占星術

常磐線柏占い小川茉莉~西洋占星術を始めたころ

だいぶ、昔の話になるのだけど、西洋占星術を始めようと思ったころ・・私は地方にいた。

西洋占星術と決めて先生をさがしたが、関東なら先生も多いのかもしれないが、地方はいない、、、占う館は少ないけどあるし、個人鑑定もあるけれど、教えてくれる人を探すのが大変だった。

仕事しながらもあり、家庭も子供もいるので、近いほうがいいとか、条件もあった。やっと、見つけて習い始めて、それとともに本もそろえた。

Amazonも今でこそ、よく使うがあのころ、通販は身近ではなかった。今でこそネットで便利だけれど、店舗に行って、問い合わせは電話があたりまえだったですねえ。だから、1時間以上かかって、大きな都市にある本屋に西洋占星術の本を買いに行ったのです。

いただいた資料は、現実的ではなく、なんてゆうのだろう。何を言っているのか、、よくわからない?自分が西洋占星術の言葉に慣れていないというのもあるけど、抽象的なんである。結局、言葉として、長い文章をたどっていくけれど、自分の中で要約しようとすると、説明できない感じだった。

で、個人鑑定を受けたけど、これもなにを言われているかわからず、個人鑑定で何を言われているかわからないというのは、今考えても謎ですが、、、

そんなこんなで本で勉強をしているしかない期間があって、関東にかえって、再出発、先生を探したのでした。最初はカルチャーセンターにいくことにしたのです。ベテランの先生がよいと思って、選んだ師匠ですが、やはり何を言ってるかわからなかったのです、、困惑。

「そのうち、わかるようになるから」と言っていたけど、一緒に勉強している仲間と話したりしているうちに、やっぱりわからないので、これは初歩だけは、ほかの先生に習わなくてはと、ほかに習いにいったわけです。

この師匠はかなりのベテランで何もかも知っている方ですが、師匠が先生も習ったときに英語の論文を約したものが、テキストだったらしく、さっぱりわからなかったそうです。

師匠の個人レッスンを受けるようになって、個人的にわからない質問をするようになって、謎がとけていきました。今となっては、西洋占星術で占えるのはチャンと教えてくれた師匠のお陰です。

あとでわかったのですが、師匠は火の星座が多く、言葉の表現はあまり上手くなく、私とは相性がよく、モチベーションをあげる師匠でしたが、言葉を表現するのをどうしたらいいのかと、詰まってきたのです、、、

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

りゅうたさんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより占いを受け付けております。お問い合わせもお気軽にどうぞ。









COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA