アフターコロナ

名医 胃カメラ検査の日

狭い入り口で、看護師さんが体温計をかざしたり、手指消毒用のアルコールの声かけをして、中にはいると受付をして、血圧を計りながら、順番をまつ

順番がきて、荷物を預け、呼ばれた。一番だった。最初に出した、同意書に、ガンだったら告知しますか?に⭕をしたのも、引っ掛かっていて、そうじゃなくても、ポリープなら先生が綺麗にとってくれると、落ち着くようにした。

最初は安楽位に体をして、左腕に点滴の針をさす。先生が入ってきて、緊張するでしょう?と、声をかけてくれる。右手に計測器をつけて、いよいよ。

点滴に麻酔をいれますと看護師さんの声。口を開くものを噛んで、深呼吸して、、三回深呼吸したら、終わりましたよと、声がかかる

 

え!?まだ、深呼吸三回も終わってないよ?眠い気持ちもないのに?

起きると、ふらっとするから、気をつけてくださいネ ベッドを起きようとすると、軽くフラ~とする、、でも、動ける・・と言うことは

深呼吸、三回もしないうちに、いきなり意識がなくなった???

ヤッパリ、、名医だ❗

紹介状を書いてくれた先生が言っていたけど、名医の先生は謙虚なんだそう。私もその域になれたら、いいなと思いました。

 

結果は何もなくて、逆流性食道炎だと。最近のピロリ菌の検査は、キッドでするみたいで、袋に吐いた息を入れたもので、検査をするみたい。これは持ち帰り用

うちの旦那さんは、子供の頃、山遊びをしているときに、木の実や山イチゴを食べたから、胃にピロリ菌がいたといってて、ピロリ菌の薬が認可するまでは、よく健康診断で引っ掛かっていて、食べると胃が痛くなるので肥れなかった。

ピロリ菌の薬が認可する前の年、また、健康診断にひっかかって、その時の医師がピロリ菌の💊があるけど、まだ認可前なので今飲むとモルモットとおなじですよね。と説明したので、さすがに、モルモットと同じじゃ、よい気持ちはしないので、断ったら次の年、薬は保険で使えるようになって感知したのでした。

しかし、感知したとたん、美味しいものを食べ過ぎて、臨月のようなお腹になってしまったのでありました。いまも、そのお腹を維持していますよ。

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

隆太さんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームページより、占いを受け付けています。コロナとはうまく共生共存していくしかありません     頑張りましょう




 





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA