西洋占星術

西洋占星術を始めて

西洋占星術を始めたのは

20年前になる。きっかけは、2年、3年まちと言う、評判の占い師さんにあったことでした。

霊感の占い師さんで、雑誌の紹介に載っていた。その時は、同時にこのすぐ後にブレイクした江原啓之さんも、紹介されていた。
入浴用グッズのお店です

 

 

二人のうち、どちらにしようか悩んだ。江原さんは、この頃から、ポッチャリしていた。大学生のような感じだった。金額が5万だったので、好奇心でくらいの気持ちでは主婦としては、とても贅沢な気がした。

ブレイクのあと、江原さんは、家を借りるときに、この仕事ではなかなか借りられないので、50万以上の家になったと言っていた。

 

それで鑑定料は5万になったが、この金額は、深刻な相談の人には安い金額で、そうでもない人には高い金額だと、言っている。確かに悪魔つきなどは、お得なんだね。しかし、江原さんの能力は高い。のちに個人鑑定を辞めてしまったのは、残念です。

もう、一人の人はスーツをきて穏やかな話し方をする先生だった。必ず、録音かメモを取らせる。どうして録音させるのだろうと不思議に思った。

この先生は映像で、未来が見える人で、ただ時間だけは見えないそうだ。すぐに言われたとおりになったとか言う人もいるし、朝、ファンデーションを落として鏡をわったことを、言われた人もいる

生死にかかわることはいわない。変わることのできないことは言わないとか、先生のルールがある。

 

感染症のことを大分前に、しょうがないと言ったことがあって、パンデミックになったとき思い出した、、

こんなになるとは

この後も聞いた話は半端ないが、人間は自分の中でだけで納得した狭い知識の中で生きるものなので、都合の良い解釈をしがちである。信じるか信じないかはあなた次第・・・これでしめくくると冗談で終わるけど、冗談ではない。

事実を調べる熱意もノウハウもなく、直感もないとしたら、備えだけ。

運命は人によって違うのはどうしてと思ったことがある。ニュースにあるような、何の罪もないような人がつらい目にあうと、だれでもそう思う。眠れる預言者エドガーケーシーのリーディングのなかに、不幸な運命に生まれることのヒントがある。これは地味にこわい。

いろいろな本物の霊能者さんに聞いたり、今はインターネットがあり、玉石混合をよりわけるのは大変だという人もいるけど、そんなことはない。ニュートラルだったら、問題ない。運命について、私なりの結論を持つようになった。それならば、幸せな来世のために実行するのみだ。もし、私に来世があるならば、、

それと知ったことは、貧乏か、裕福かは運命ではない。本人のセンスと努力。働かなくて、宝くじに当たるのをまっていてもだめだろうし、もし、大金がはいってきても、あぶく銭はよく言ったもので、最後はもっていたものまで失うことになりかねない。

ようするに、自分で苦労したお金なら考えて使うけど、苦労しないで入ったお金は、うまく運用するスキルがいということだと思う。詐欺などで得たお金は、自分の運命をおとしめることになるので、怖い。そんなことはない。うまく、逃げちゃえばいいんだよと思っていても、追ってくるのは警察だけではないかもしれない。

コンピューターのデータに蓄積されて、来世に反映されるのかもね?神がいるなら、神のみぞ知る・・・ちょっとかわいそうなのが、自分は良いことをしていると思って、いいことにならないことをしてるパターン。自分に都合のいい意見だけをうのみにしていると、怖い。

韓国が歴史をゆがめて、教科書でていたけれど・・日本だって、ゆがめているらしい。洗脳はいたるところにある。これを認識しないと、自分の今ある、不幸と思っている運命の枠からは、抜け出すことはできないのかもしれないね

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

隆太さんのブログです

https://ogawamari.com/

小川茉莉のホームぺージより占いを受け付けております。自粛は緩和されていますが、第2波はしんぱいです。コロナとは共存をして行かなければ、ならないので、新型コロナウィルスのブログで、詳しく調べていますので、みていただいて、お役にたててくださいね



 

 

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA