予言・映画

新型コロナウィルス肺炎を予言?

新型コロナウィルスが招く、人類滅亡のおつげという疫病・CNN

2008年夏、5歳のころからお告げがきこえるようになったと主張する高齢の霊媒師が不吉な予言について記した本を出版

「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法すべてに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりも不可解なことはそのもの、それは到来したときと同じように突如として消え去り、10年後にふたたび攻撃し、そして完全に消滅する。

この予言は人々の記憶からきえさり、著者のシルビア・ブラウンさんは2013年に亡くなった。しかし、新型コロナウィルスのパンデミックをうけ、この予言本「この世の終わり、・世界の終末についての予言と天啓」があらためて脚光をあびている。米アマゾンのランキングでも、ノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。

インターネットではブラウンさんの予言のような人類滅亡説は数えきれないほど拡散し、新型コロナウィルス流行の不安を、政治的混乱やオーストラリアの山火事、アフリカを襲うバッタの大群などと結び付けて、不安をあおる。

そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不可解な解釈を含む。「聖書を持っていなければ、買いなさい」という一節で終わらせるものもおおい。

しかし、宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師にたいして、自己隔離を促している。人類滅亡説は何であれ、そうした予言は過去になんども浮上した。

2012年にも、古代マヤの暦を根拠に、世界が終末をむかえるという説もあった。サバイバルキッドの売り上げは急騰した。

こうした現象は現在にかぎったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。

ブラウンさんは生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際は死去したのは77歳のときだった。

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

隆太さんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

小川茉莉のホームぺージより、占いを受け付けております。コロナ対策で自粛のため、お得な占いを用意しております。この機会にぜひどうぞ!😸





大塚製薬 カロリーメイト ブロック アソート 4本入り×10箱×3種類 (120本)【送料無料】 【沖縄、離島は別途送料120サイズ】

POSTED COMMENT

  1. ogawamari より:

    将来のことをみるときに、不幸な出来事を想像するのは、よくあることだと思う。人類滅亡説は話としては面白いのだけど、いままでだって確実に当たったことはないような気がする。
    動物の感のようなもので、予感はするが、いついつ何時までは難しいと思う。映像として見える人もいるでしょうが、結局あとずけになったりする。
    将来起こるかもしれない災難にそなえるには、備えをまず、するべきだと思う。平和な今日の次の日が不安だらけの毎日にならないとは
    新型コロナウィルスでまた、学んだ気がする。
    お金、健康、仕事など、外せないものの知識は知っておくべき
    インターネットが普及して、いろんなことを
    調べられる時代になったのは、うれしい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA