新型コロナウイルス

コロナウィルスの感染拡大防止策

人と人の接触感染8割削減を、1ヵ月続けた後に対策を解除すると、15日後には感染者数が、もとにもどるとの推計を、集団ゲノム学の東大准教授がだしていた。

政府の緊急事態宣言が5月末までの、延長で「自粛疲れ」が懸念される中「医療崩壊をふせぐためにも対策を継続したほうがいい」と指摘する。

4月16日の宣言の全国拡大をうけ、人口10万人の都市で、新型コロナの感染者が50人になったと想定し、「接触削減」の対策をとった場合の動向を試算。

8割削減を1ヶ月つづけると、感染者はしばらく増えたあとに急激に減るが、対策を解除した途端に15日間で感染者が、元に戻るとの推計がでたという。

一方で、接触8割削減を1ヶ月1つづけた後、7割削減を継続すればさらに感染者を減らすことができる。

宣言後の新規感染者数は、確実に減少に転じており、現状の減少傾向を維持すれば感染者をへらしていける。十分に減らした後に行動制限をゆるめても、国民がソーシャルディスダンス「社会的距離」に気をつけ、3密「密閉、密集、密接」を避ける行動をとれば感染者を制御しやすい状況になると話す。

13の特定警戒都道府県では、外出自粛や休業要請がなど従来の行動宣言が継続される。感染者の急激な増加にてんじる、可能性がたかい、特定理警戒都道府県と、それ以外の県で制限緩和や解除の時期にメリハリをつけるのは妥当。

判断基準を明確にし、今後も地域の感染状態に応じて判断していくべきだと強調した。

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

隆太さんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com

小川茉莉のホームぺージより、占いの受け付けております。コロナ対策で自粛のため、お得な占いを用意しております。この機会にぜひどうぞ!😸


POSTED COMMENT

  1. ogawamari より:

    結局のところ、新型コロナウィルスの撲滅はいまのところ考えられず、
    手洗い、うがいをし、密閉、密集、密接をさけ、マスクをする。など、一人一人が感染しない自覚を持つか、、あとは
    ワクチンを待つしかない。今の時点ではワクチンは、確かな安全なものではないし、もしワクチンができても、ウイルスの特性上、変容しやすいので、なかなか困難だ。
    それを頭に入れ、共生するしかない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA