コロナウイルスとの共生

新型コロナウィルスと引きこもり

今年1月下旬、武漢で始まった新型コロナウィルスの流行が現在のように、日常生活が送れなくなるほどの事態になろうとは、ほとんどの人が思ってなかった。全人類に公平に不幸を与えているが、中には『気づき』を得ている人もいる。

10万弱の年金と、あとはアルバイトをして月に15万円くらいが一か月の収入だった。70代の母親は、まもなくアラフォーの息子と二人暮らしだった。携帯やネット代も支払っていた。息子は30代前半の時に会社でいじめを受け、精神を病んで退職。それ以降、10年近く自室に引きこもる生活を送っている。

将来に対する不安は、すさまじいものがあった。自分が死ぬとき、あの子も一緒に殺そうかととか、、、コロナウィルスのせいで、アルバイトがなくなることがわかると、本当に死を考えた。休業手当とか、補償とかテレビや新聞で色々いっていますが、正直よくわからないし、もらうために動く気力もない。


 

息子にもこれ以上無理かもしれないと手紙を書き、覚悟を決めようとしていました。

その数日後、思いもよらなかったことが起こる。朝起きると、枕元に息子からの書置きが残されていた。会話が無くなって数年。そこには「迷惑をかけてごめん、心を入れ替える」とだけ、書かれていた。

急に掃除をはじめて、伸び切った髪も坊主頭にして、休業手当に関することも調べてくれました。やっと息子がやる気を出してくれたから。

未曽有の危機は、今まで何を言っても自室から、でてこなかった息子の意識さえ変えた。

NHK NEW WEBより

https://manablog.org/

師匠のブログです

https://ryutablog.com/

隆太さんのブログです

https://ogawamari77.jimdofree.com/

ホームページより、占いを受け付けております。コロナ対策の自粛中、お得な占いをいたします。この機会にぜひどうぞ!😸


 

 

 

 

大塚製薬 カロリーメイト ブロック アソート 4本入り×10箱×3種類 (120本)【送料無料】 【沖縄、離島は別途送料120サイズ】


POSTED COMMENT

  1. ogawamari より:

    年老いた母が結婚していない息子の心配をして、鑑定にいらっしゃる。
    確かに占いでは縁遠いとでるけれど、出会いの場もない。お見合いもしない。昔ながらの、おせっかいな仲人さんもいないようだ。色々な可能性を提案しても、ダメなんですという。
    すでに、口うるさくいって、うるさがられている母親との、会話は少ないようだ。でも、この息子さんは、自分のことは自分で、考えていらっしゃるようで、将来は老人ホームに入って、一人で快適に暮らしそうですよ。というと、それを聞けば、安心です。と言われる。

    親子でも、一人、一人の人生。心配しても、思い道理にいかない。
    母親がいいと思っても、それが幸せとは限らない。

    このお母様は、いい意味で子供の人生だからと、思っていらっしゃるようだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA